MENU

顔汗が出る原因と対策法について

これから暑い季節になってくると汗が気になってきますが、暑さに関係なく異常に出てしまう顔汗の場合、暑さ以外のほかの原因があるかもしれません。

 

身体はそんなに汗をかかないのに、顔だけたくさん汗をかいてしまうという人は少なくないのではないでしょうか。

 

もちろん暑さが理由で汗をたくさんかいてしまうことも十分に考えられますが、それが顔だけの場合には運動不足であることが原因として考えられます。

 

体が汗を出すのは、暑さなどによって体温が上昇してしまった場合に発汗することで体温を調節する役割を担っているからです。

 

体温調節をするために汗を出す汗腺のことをエクリン腺と呼びますが、実はすべてのエクリン腺が活動しているわけではなく、身体の数多くの場所に存在していても活動をしているのは半分程度だとされています。

 

そして、日頃運動をする習慣がない人は心臓から離れた場所にある手足や下半身などのエクリン腺は休息状態に陥ってるために、体温が上昇することで汗をかこうと思うと体の部分からはほとんど出ることがなく最も動きのある顔に汗がたくさんでてしまうことで顔汗がひどくなることが考えられます。

 

それ以外に考えられるのは、ほかの病気の可能性です。

 

激しい運動をしたり、辛いものを食べたりあるいは暑い時などに汗をかくのは普通のことでありどんな人でもあっても体温調節のために顔に汗をかくのは生理現象の一つともいえます。

 

ただ、緊張やプレッシャーなどによって常に顔が湿っている状態や暑くもないのに顔汗がだらだら出てしまう場合には顔面多汗症の可能性があるといえます。

 

顔面多汗症とは、手やわきなどと同じく多汗症の一種で原因は様々ですが異常に顔だけに汗をかいてしまう症状です。

 

常に交感神経が活発化していることで緊張状態になって顔汗をかいてしまうことが考えられますが、根本的な原因の解明には至っていないのが現状です。

 

はっきりとした原因はわかってはいませんが、専門の医療機関では症状に沿った治療が行われ改善することもありますので、せっかくメイクをしても落ちてしまったり眼鏡がびしょびしょになってしまうなど日常生活において支障をきたしている場合には、一度医療機関で診てもらうのも一つの手段といえます。

 

では、日常生活を送るのに困難ではなくても、何とか改善したいという人におすすめの方法はあるのでしょうか。

 

まず、運動不足を解消して顔以外の汗腺を活発化することも顔に汗をかかないようにする方法の一つといえます。
ウォーキングや軽いランニングでも良いので毎日体を動かす習慣を付けると顔に汗をかかなくなってくることが考えられます。

 

また、女性の場合はホルモンバランスを整えることでも効果が期待できるとされています。
ホルモンバランスは不規則な生活や過度なダイエット、精神的ストレスなどによって乱れやすいのですが、ホルモンバランスが乱れると普段体温を調節している自律神経の働きも正常に動かくなるために体温調節がうまく行かずに顔に汗をかきやすくなることがあります。

 

女性の場合はホルモンバランスの乱れ以外にも、加齢によってホルモン分泌が減少することで起こる更年期障害によって顔に汗を大量にかくこともあります。

 

ホットフラッシュと呼ばれる現象で、暑くもないのに急激に発汗するのですがこれもホルモンの分泌が減少したことでバランスが乱れているために起こるとされています。

 

その他に良い方法は、顔が熱くなっているということは熱を持っているのでそれを冷やすことで顔の汗を減らすこともできます。

 

メイク前に、アイスパックを包んだタオルや冷たい水で濡らした冷やしタオルを顔に当てたり、外出先では顔が熱を持っていると感じたら凍らしたペットボトルやアイスパックを顔に当てるようにすると効果的です。

 

加えて、顔をサラサラにする下地やジェルなどを利用してからメイクをするのも良いでしょう。

 

そして、顔汗は精神的発汗によっても汗をかくことが考えられますので、緊張しそうな場面になったらリラックスをする習慣を身に付けることでも顔に汗をかきづらくなることが考えられます。

 

たとえば、大事なプレゼンや大切な人に会う時には、コーヒーやタバコ、チョコレートなどリラックスできるアイテムで気持ちを落ち着かせてから臨むと緊張をせずに顔に汗をかかなくなるかもしれません。

 

特に、大切な面接や発表がある場合には時間ぎりぎりに行くのではなく余裕を持って行くことで緊張をほぐすこともできます。

 

それでも改善しない場合には、やはり医療機関に一度受診してみることをおすすめします。
汗をかくことがコンプレックスとなってうつ病などの精神的疾患に発展することも十分に考えられますので、そのまま放置せずに悪化する前に改善していくように努めていきましょう。

 

このように、顔汗をかかない方法はいくつか考えられますのでまずは自分がどんな時に顔に汗をかき過ぎてしまうのかを良く考えて自分のできることから始めてみてはいかがでしょうか。

 

参考サイト:顔汗をサッと止める方法と対策|メイク直しが面倒と感じたら

 

更新履歴