MENU

皮膚科で受ける顔汗の治療方法

暑くもないのに顔から多量の汗が出るような場合、脇や背中で汗をかくよりも人に見られることから嫌だという人が多いようです。

 

顔を合わせて話をすれば誰でも分かることですし、だらだらと汗をかいていては見た目にも良くないので気にする人が多いのは仕方が無いでしょう。

 

 

顔汗に限らず汗を多量にかくというのは、暑さだけでなく緊張や驚きといった精神的なものにも左右されるため、簡単に止めるというのは難しいものです。

 

 

市販されるデオドラントスプレーを使用した対策もひとつの手ですが、皮膚科で多汗症治療を受けたほうが確実かもしれません。顔汗に悩む人も増え、治療法も様々なものが用意されているので、一昔前のように神経遮断薬を処方するというだけではありません。

 

 

確実な方法としてペインクリニックで受けられるETS手術がありますが、これは汗を分泌する場所を塞ぐことで、頭や顔から出る汗を止めます。ただし、出口がなくなった汗は他の脇や背中などから排出されるようになるので、汗の量が多い人には向いていない手術です。

 

 

効果的に費用も安く行うのであれば、ボトックス注射という方法もあり、汗を分泌させるエクリン腺の働きを抑制することで、流れ出る汗を抑えてくれます。最初は効果も薄いですが、継続するとエクリン腺は徐々に萎縮していくので、持続する期間が長くなったり効果が倍増するようになるのが利点です。

 

 

注射をするのが不安という人には、肌に塗布するための塩化アルミニウムを出してくれる皮膚科もあります。ただし、濃度を間違えると肌がかぶれたりするため、使用には注意が必要となります。