顔汗を止めるツボ

MENU

顔汗を止める効果のあるツボ

顔汗で悩んでいる人は多くいますが、顔汗を止める対策の1つとしてツボ押しがあります。

 

この方法だと汗が気になってきたときに場所を選ばずに気軽に出来ますし、人にばれずに顔汗を緩和することができるので、おすすめの対策法です。

 

 

実は、顔汗を止めるツボは身体の様々な場所に存在しています。

 

まず、刺激しやすい手やその付近にあるツボに、労宮、合谷、陰?、後谿、というものがあります。

 

労宮は、手を軽く握ったときに中指が当たるところにあり、リラックス効果があります。

 

合谷は、人差し指と親指の付け根の間にあり、身体の水分を調節する役割があります。

 

陰?は、手首の付け根の小指側の指一本分下の部分にあり、身体の余分な熱をとってくれます。

 

後谿は、手を握ったときに小指の横に出来る丘の部分にあり、身体の熱をしずめてくれます。

 

 

その他にも、復溜、屋翳、大包というのもあります。

 

復溜は、内くるぶしとアキレスけんの真ん中にあり、代謝異常を整えてくれます。

 

屋翳は、乳首から3センチから5センチ程上の部分にあり、大包は、脇の真下あたりにあります。
この2ヵ所は、化粧を厚塗りしている舞妓さんが汗を抑えるために刺激している場所でもあります。
帯を強く巻くことでこの2ヵ所を常に刺激し、顔汗を止めているのです。
このことを応用した汗止めバンドや汗止め帯なども販売されており、こちらを着用すれば指で何度も刺激をする必要がないのでとても便利です。

 

 

また、この方法で汗を止める最大の利点は副作用がないことです。

 

薬品や制汗剤グッズを使用するのも対策法にはありますが、顔の皮膚は非常に敏感なので、人によってはアレルギー反応が出たり肌トラブルの原因になってしまう事があります。

 

その点この方法だと、自分の体に存在するツボを押すだけなのでお金もかかりませんし、何より安全に安心して行うことが出来ます。

 

 

なぜこの方法で汗が止まるのかというと、皮膚圧反射の原理というものを応用しているからです。
これは、ある部位で汗をかきにくくなると他の部位から汗をかく、という人間の反射機能を上手く利用したものです。

 

この機能は基本的に左右対称に現れる現象なので、先ほど紹介した胸や手を刺激すると、胸から上の汗を一時的に抑えることが出来るのです。

 

参考サイト:顔汗を止めるツボ 3箇所

 

いろいろな対策をしても汗が改善されずに悩んでいる人は、1度ツボを刺激してみるのもおすすめです。
意外と見落としがちな対策方法ですが、効果は十分に期待できます。